前のページに戻る   少し昔の北海道の鉄道   Ver.1

「札幌駅1980」Ver.2          [つかいかた動画を見る(Ver.1)]


2019/04/03
※『札幌駅1980』Ver.2.00dの不具合修正版Ver.2.00eを、ベクターにてリリースしました。
 前行またはこのページ後半のベクターのリンクからダウンロードしてご利用ください。



 3月27日から4月3日夕方までにベクターからVer.2.00dをダウンロードした方は、以下の修正版をご利用ください。
(Ver.2.00dでない方は、以下の修正版は使わないでください。)

【修正内容】
・ 通常モードで「はじめから」起動時に、前回実行時に指定した開始時刻から開始してしまう不具合を修正。

ダウンロードしたファイルを解凍の上、Readme.txtファイルをお読みください。

右のボタンを押すとダウンロードを開始します。                   




2019年 3月27日に、「札幌駅1980」Ver.2をリリースしました。
(現在の最新版は、Ver.2.00eです。(2019/04/03))

Ver.1からの変更点は以下のとおりです。
  • ゲーム終了時または途中に操作ログを記録して、再現実行を行なうことができる機能を追加。
  • ゲーム実行中の任意の時点で自動実行と手動実行を切り替える機能を追加(F1キー)。
  • ゲーム終了後に、最初の画面に戻る動作を追加。
  • 新たに見つかった当時の資料を元に、以下の点を現実にあわせて変更。
    • 「引上」→「折返」、「南引上」→「引上」に表示を変更。
    • 「荷1〜3」→「手小1〜3」に表示を変更。
    • 0番線の入線可能両数を6両→5両に変更。
    • 8番線の入線可能両数を9両→8両(回試単貨は10両→9両)に変更。
    • 9番線の入線可能両数を7両→6両(回試単貨は10両→9両)に変更。
    • 10番線の入線可能両数を10両→7両に変更。
    • 10番線の苗穂方の配線を変更。
  • 80系気動車特急の車両の向きが正しく表示されるように修正。
  • 急行いぶりのキハ22気動車の車両の向きが1周後に逆向きになるように修正。
  • 手宮ゆきのセキ列車を積車に修正。
  • 711系試作車(901)を登場車両に追加。
  • 遅延回復モードで、最終列車を定刻で出せた場合に回復達成にする判定を追加。
  • 遅延回復モードで、連続で定刻で出せた列車を画面上に表示するように変更。
  • 通常実行で開始時刻指定があり臨時列車が多以下の場合に、設定以上の臨時列車が出現する不具合を修正。
  • 機回機関車を機回しせずに元の番線に戻すと、推進で発車する不具合を修正。
  • ゲーム実行中にサブメニューを表示した状態で主画面を「×」で終了すると異常動作することがある不具合を修正。
  • ゲーム実行画面が翌05:00になっても朝にならない不具合を修正。
  • 入換列車が目的外の列車と連結してゲームが詰んでしまう現象を緩和。
  • ゲーム実行画面上およびエンディング画面上に起動時と実行中のオプションを表示するように修正。
  • 入線不可番線を設定してゲームを実行した場合のエンディングでのメッセージを変更。
  • エンディング表示時に音量を調整できない不具合を修正。




「札幌駅1980」Ver.2は、ベクターにてダウンロード頒布中です。(Ver.2.00e)

【Ver.1のシリアル番号をお持ちの方】
 ・ Ver.1のシリアル番号はVer.2でもそのまま利用できます。
  (同一のPCでVer.1とVer.2を実行しても、使用PC数は1台としてカウントします。)
   パッケージ版のシリアル番号はダウンロード版でもそのまま利用できます。
 ・ 詳細は同梱の「Ver.1からVer.2へのバージョンアップ時の注意」をご覧ください。

【新規の方】
 頒布価格は1,600円です。ダウンロード頒布は別途消費税とベクター手数料が必要です。
 (Ver.2をダウンロードの上でVer.1のパッケージ版をご購入いただいても構いません。)



「札幌駅1980」Ver.2(インストーラ版)は、当Webページでもダウンロード頒布中です。(Ver.2.00e)
(シリアル番号をお持ちでない方は、ベクターにてご購入ください。)

[つかいかた動画を見る(Ver.1)]                   
(「札幌駅1980」Ver.2(インストーラ版)のダウンロードは不定期のサーバメンテナンスの都合により実行できない場合があります。)



始発列車から最終列車までの全編の着発動画(デモ1(44分))は、Vimeoからのオンラインで配信でも視聴できます。
Windows PC環境がなくて「札幌駅1980」を実行できない方、ゲームをプレイしないでデモだけ眺めたいという皆様は、こちらの動画もぜひご利用ください。
(19/02/24 Vimeoの動画をVer.2のものに更新しました。)

本ソフトウエアの列車データはフィクションです。
1978年10月〜1980年9月の時刻表掲載の列車はほぼそのまま登場しますが、時刻表掲載外の回送・貨物列車等の時刻等にはゲームのためのアレンジがあります。
また、ホームの入線可能両数や入線可否の要件等の制限および列車の使用車種と編成はゲームとしての設定であり、現実の運用とは異なる場合があります。

一部のセキュリティソフトで、本ソフトウエアのファイルを不審なファイルであると誤検出する事例があるようです。
その現象が発生した場合は、お手数ですが当該セキュリティソフト名をメールでご連絡ください。


【動作環境】
(1)OS   :Windows(R) 7/8/10(日本語環境)(32ビット/64ビット版)
         Windows 7はSP1以降、Windows 8は8.1が必要です。
(2)CPU  :Intel Core, Pentium, Celeron およびその互換CPU 1GHz以上(最近のCPUを強く推奨)
         たとえばAtom 330のようなCPUでも動作しますが、快適にはプレイできません。
         HD(720p)の動画がストレスなく再生できる程度の性能が必要です。
(3)メモリ  :1GB(2GB以上を推奨)
         本ソフトウエアは、最大で512MB程度のメモリを消費します。
(4)HDD容量:640MB
         容量にはセーブデータと実行時の一時ファイルを含みます。
(5)画面解像度:1024×768ドット,65,536色 (1920×1080ドット,フルカラーを推奨)
         800×600ドットでも動作しますが、快適にはプレイできません。
(6)ネットワーク:インターネットにアクセスできる環境
         本ソフトウエアでは、インターネットを経由したオンライン認証を行ないます。
         また、追加・更新データをインターネット上のサーバから取得します。
        【重要】オンライン認証ができないと、体験版と同じ機能のみ実行できます。

【CDからインストール時のご注意】
  • ドライブの読み込み速度によっては、CDからセットアップを実行した際に、以下のメッセージウインドウの状態がしばらく続く場合があります。これは故障や不具合ではありませんので、そのまましばらくお待ちください。


  • 次の配下のフォルダにはインストールしないでください。設定情報の保持やセーブ等が不能になります。 → 「Windows」, 「Program Files」, 「Program Files (x86)」, ほか、一般ユーザが書き込みできないフォルダ


  • 【シリアル番号の設定と状態の変遷について】
  • 以下をご覧ください。

  • 誤ったシリアル番号を設定した状態で一定回数以上繰り返し実行すると、その後正しいシリアル番号を設定しても体験版と同じプレイしかできなくなります。(ロックの解除まで1日お待ちください)
  • 利用可能PC数を越えて同一のシリアル番号を使用すると、超えた分のPCについては体験版と同じプレイしかできません。
  • PCの構成が大きく変わらない限り、同一のPC(VMを除く)から何度再インストールしても利用可能PC数を過剰に消費することはありません。
  • 中古品を購入した場合、すでに消費済みの利用可能PC数を復活させることはできません。(サポートにも応じかねます)

  • [つかいかた動画を見る(Ver.1)]


    前のページに戻る   Ver.1


       少し昔の北海道の鉄道


    少し昔の(+最近の)北海道の鉄道(同人サークル 天北部屋 / てんぽく)/(C) Tempoku Koubou  
    問い合わせ先:y−tempoku@yos.ne.jp(半角文字にしてください)